痛い巻き爪を病院の矯正法(保存的治療)で治す

自宅で自分で出来る応急処置方法として、コットンパッキングをしても テーピングをしても、痛みが無くならず、爪が真っ直ぐに伸びてくれない場合は、保存的治療の一つで「矯正法」という治療法があります。

医療機関での施術となりますが、おおよそ10分程度の施術時間で驚くほど痛みは改善されます。

病院の矯正法にかかる費用と時間>
費用 3~5万円
時間 約10分

一般的にワイヤーもしくはプレートを使った巻き爪矯正方法で、費用は保険適用外なので初診から後の通院まで含めてトータル3~5万円程かかりますが、日常生活に支障をきたす程の痛みが出ているようであれば安いものだと私は思います。

 

病院の2つの巻き爪治療法

巻き爪を病院で治療する

<ワイヤー治療法>

爪の端と端に2つの穴を開けて形状記憶合金のワイヤーを通し、ワイヤーの超弾性により巻いた爪を徐々に真っ直ぐに伸ばしていく矯正方法です。

この方法が巻き爪の治療で最も一般的な方法として世の中に広がっています。

 

<プレート治療法>

爪が深爪などで短く、ワイヤーを通せない人に効果的な方法です。

ワイヤーと同じ様に形状記憶力のある金属のプレートを爪に貼ることによって、巻き爪が徐々に改善されていきます。

いずれの方法も矯正後の爪の形は正常な状態に戻りますので、治ったらペディキュアが楽しめるのも女性には嬉しいところです。処置後のお風呂は当日からOKなのも有難いですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す