巻き爪が二枚爪になる原因と4つの対策

巻き爪が二枚爪になる原因

巻き爪が2枚爪になる原因と対策

巻き爪が二枚爪になる原因は乾燥です。

特に女性は、ダイエットなどで爪の主成分である栄養素のタンパク質が不足しがちになったり、冷え性により指先が冷えて血流が悪くなり栄養や水分が爪先にまで届きにくいです。

特に、足の指は心臓から遠い場所なので栄養や水分が不足になりやすいとされています。爪の水分が不足する乾燥は、巻き爪の原因でもあり、二枚爪の原因にもなるので注意しましょう。

また、女性に多いバセドウ病や鉄欠乏性貧血の方にも二枚爪は多く見られる症状なので、病気のサインとしても見ることができます。

<二枚爪になりやすい方>
  • マニキュアや除光液をよく使う方
  • 消毒液などの強い薬を使うことが多い方
  • 水を使う頻度が高い方
  • つま先に力を入れることがよくある方

 

痛い巻き爪と二枚爪に効果的!4つの対策とは?

1.バランスのよい食事

巻き爪や二枚爪だけでなく病気の予防のためにも、タンパク質やアミノ酸の補給や、野菜や海藻類などのミネラルやビタミンの多く含む食事をきちんと3食バランスよく摂ることが重要です。

2.体を冷やす食べ物は少なめに!

二枚爪や巻き爪の原因の一つである女性に多い冷え性改善のためにも、冬場はもちろん、夏場でも、体を冷やす食品はなるべくさけて、普段から身体を温める食品を選ぶようにしましょう。

3.オイルで爪の乾燥を防ぐ

爪にオイルを塗ることで乾燥を防ぐことができます。特にお風呂上がりにお手入れするのが効果的なのでおすすめです。

4.マッサージで血行を良くする

家事や育児やお仕事などでどうしても爪へのダメージを避けられなかった場合は、ハンドクリームやキューティクルオイルなどを小まめにつけてハンドマッサージで指先の血行を良くすることが、爪の乾燥を防ぐと共に二枚爪と巻き爪の改善になります。

 

巻き爪が二枚爪になるとさらに痛くなる

足の爪が二枚爪になると、内側の爪が「爪本来の巻いていく性質」によって皮膚に巻き込まれるように突き刺さります。

二枚爪になった巻き爪の爪が無い隙間部分には2枚目、3枚目、と新しい爪が出来ていくので、1番内側の「皮膚に突き刺さった爪」が圧迫され巻き爪の痛みはさらに増していくというわけです。

 

二枚爪とは

爪の先端部分の表面の層が剥がれて爪がいくつかの層になった状態をいいます。爪は、「背爪」「中間爪」「腹爪」の三層から出来ています。この三層の隙間に空気が入ると二枚爪となります。

 

>> 二枚爪の巻き爪を自宅で治したい方はこちら <<

巻き爪ロボ

 

乾燥肌だと爪も乾燥してることが多い?

乾燥肌でお悩みの女性は、全身くまなくお手入れしていると「足が白い粉」を吹いていたり、爪にシワやデコボコができてしまうことがあります。それは二枚爪になる前の前兆と言っても過言ではなく、巻き爪と共に注意が必要です。

爪が乾燥すると巻き爪、ヒビ、欠けなどが起こります。乾燥した爪を家庭用の平型爪切りでパチンと切るとアーチ状をしている爪に刺激が加わり、亀裂が入って割れて二枚爪になってしまうこともあります。

二枚爪にならないようにするには爪切りを使用せずに、やすりなどで丁寧に形を整えることがおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す