巻き爪女性の痛くない靴選びのポイント

巻き爪女性のための痛くない靴選びの4ポイント

巻き爪女性の靴選び

スニーカー専門店で聞いた巻き爪女性の人のための、痛くない靴の選び方のポイントを簡単にまとめてみました。

4つとも実践するのは難しいかもしれませんが、少しでも爪への負担を軽くしましょう。

 

 

1.自分の足のサイズを測る

自分の足の幅(たて・よこ・たかさ)を計測してちょうどいい靴を選ぶ。

靴のサイズは、小さ過ぎて窮屈なのは爪の成長に悪いというのは既に誰もが意識しているかもしれませんが、大き過ぎるというのも足が前後左右に動いてしまい更に爪を痛める原因になります。

靴を履く時に履く靴下の生地が薄手の場合と厚手の場合では、約1cm近くも靴のサイズが変わることもあります。

靴を買うときは、普段はいてる靴下を何足か持って行って試着をしてみましょう。

 

2.つま先にゆとりは必須

つま先の部分は、指が開けるくらいゆとりのあるものを選ぶ。指同士が密着しすぎてると、爪が変形する原因になってしまいます。

 

3.靴底は、衝撃を吸収する素材のものを選ぶ

靴底は衝撃吸収素材で厚めのものを選ぶ。そのほうが足指だけでなく足首や膝への負担も軽減されるので、実際に試し履きして感触を確かめて重過ぎないものにする。

 

4.ヒールの高さは「3cm以内」のものを選ぶ

ヒールが3cm以上の高いものは避ける。

高いヒールはそれだけで爪に負担かけてしまいます。ファッションも大事ですができるだけ爪に負担かけないことも大切です。

 

巻き爪でも後悔しない靴の選び方の補足

靴下や中敷きの組み合わせなど色んなパターンを試してみることが大切です。

また、靴紐は履くたびに結び直すことが大事です。結びっぱなしは、ひもがゆるんで足にフィットしなくなってしまいます。

 

巻き爪の痛みを減らす靴は?

実際に巻き爪の痛みが減った4種類はこれ

 

爪の食い込みによる足の痛みを少しでも軽くするには、指先や爪を圧迫しないで日々伸びていく爪の成長を妨げない靴を選ぶ必要があります。

また、足の歪みにより巻き爪になってしまうのを予防するためにも、窮屈過ぎたり大き過ぎたりしないサイズの合ったものでなければいけません。

 

ビーチサンダル

良いところ 悪いところ
・爪が自然の状態でいられる

・外部からの衝撃に弱い

・季節が夏限定

素足に履けるので靴下などでつま先がしめつけられることがなく爪の成長を妨げない。

物体が直接指に当たった日には痛くて泣きます。TPOを考えると仕事や公の場には適していないので、真夏の休日に近所にお散歩の時などの完全プライベート専用としてしか履く機会がない。

 

レインブーツ(長靴)

良いところ 悪いところ

・クッション性に優れている

・安全靴のような防御力がある

・通気性が全く無い

足に衝撃を受けそうな作業をする時にも安心して使えるアイテム。

最近はつま先部分が細めのデザインのものが女性用では増えてきましたが、なるべく圧迫感の少ない「つま先の幅が広めのタイプ」を選ぶようにしましょう。

長靴は防水性がある反面通気性がないので、長い時間履き続けていると蒸れて水虫などの他の足のトラブルが心配されます。

なので「長時間履き続ける場合は五本指ソックスを履く」など足蒸れ防止対策が必要です。

 

3.ムートンブーツ

良いところ 悪いところ

・クッション性に優れている

・衝撃性に優れている

・真冬限定

可愛い物が多いのですが、ムートンと名がつく通り「寒い時に履くもの」ですので冬期にしか履けないのが残念な所です。

丸い形のつま先が特徴のサボサンダルは使用している素材やサイズも種類豊富で、年齢や性別を問わずに使うことができるアイテムです。

木靴(サボ)のようなつま先から足の甲まで覆われているデザインなので外部からの衝撃に強いのが特徴です。

ヒールは低めの3cm以内で、靴底はクッション性のあるものを選ぶのがベストです。

中敷きにボア素材を使っているクロックスなどのブランドもあるので、オールシーズン使えるアイテムといえます。

 

4.サボサンダル

良いところ 悪いところ

・衝撃に強い

・通気性に優れている物が多い

・脱げやすい

・長時間歩くには向かない

メリットは、サンダルの長所に加えて爪先をガードできることです。

しかし、デメリットは、サンダルと同じで、夏用のプライベート用としてしか履くことができないことです。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す