高橋メアリージュン(モデル)の巻き爪治療法とは?

高橋メアリージュンの巻き爪が治るまで

高橋メアリージュンさんは、Clastyleというネイルサロンで巻き爪矯正シートによる保存的治療法を行いました。

徐々に自然な元の爪の形に戻っていく様子です。

<インスタグラムの経過>

2016年2月16日

maryjun20160216

mary20160216

2016年3月2日

maryjun20160302

mary20160302

2016年3月29日

maryjun20160329

mary20160329

2016年5月8日

maryjun20160508

mary20160508

2016年6月6日

maryjun0606

mary0606

 

巻き爪を最も美しく治す方法

maryjun2016

高橋メアリージュンさんが巻き爪治療したネイルサロンClastyleは、日本ネイリスト協会が認定するネイルサロンで、数多くの芸能人が利用していることでも有名です。

巻き爪治療に使用したのはドイツ生まれの「B/Sブレイスクイック」という半透明のグラスファイバー素材のシートで爪の上に貼りグラスファイバーの張力で巻き爪の両端を持ち上げ矯正します。

月に1回の貼り替えを継続して行うことで約4か月という短期間できれいに治すことができました。

費用は1本5000円程度で施術時間も1本約10分ほどと短く、ワイヤー矯正治療のように爪に穴を開けることはなく痛みもありません。

薄いシートなので上からフットネイルできれいに隠すこともできます。

貼って1ヶ月くらい経つと、前は爪が巻かれて真っ直ぐ生えなかったところが真っ直ぐ生えてきてます。

高橋メアリージュンさんは、エイジアプロモーション所属のファッションモデルで、現在は女優としても活躍されています。

妹の高橋ユウさんもモデルで、同じネイルサロンに通っているそうです。

弟の高橋祐治さんはサッカー選手で、京都サンガF.C.に所属しています。

人気女性雑誌『CanCam』の専属モデルをしていた経歴を持つ高橋メアリージュンさんは日本とフィリピンのハーフで、素敵なご家族にも恵まれ何も悩みなんて無さそう!って思ったら、以前から『巻き爪』で悩んでいたそうです。

特にモデルのお仕事は、履き慣れていない靴を履くことも多く、巻き爪に良くないといわれるつま先の細い高いピンヒールだって、笑顔で履きこなさないといけません。

今回は陥入爪になる前に気付いて治療ができたので保存的治療で済みましたが、我慢を続けて治療が遅れた場合、モデルのお仕事に支障が出てしまう可能性もあります。

モデルのお仕事に限らず、一般のお仕事をしている女性も簡単にはお休みできないと思うので、足の爪が巻いて痛いと感じたらネイルサロンに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す