抗がん剤の副作用で巻き爪が痛い

抗がん剤の副作用でも巻き爪になる

抗がん剤が原因で巻き爪になることがあります。

抗がん剤の副作用といえば、脱毛や吐き気を思い浮かべる人も多いと思いますが、巻き爪の痛みに苦しむ癌患者は多くいます。

癌の治療だけでも辛いのに、巻き爪の痛みに耐えながら抗がん剤治療をしても辛いばかりです。

特に女性はいつも美しくいたいと思うので、すぐに目に付く手や足の爪が黒ずんだり変形したりしていると気持ちも滅入ります。抗がん剤治療中だからこそ必要な巻き爪対策を分かりやすく説明します。

 

<抗がん剤治療を始めてから爪に現れた症状とは?>

  • 爪が変形し皮膚に突き刺さって痛い
  • 爪が黒っぽく変色している
  • 爪に艶がなくなり白い筋が入った
  • 爪が薄くなり割れやすくなった
  • 爪が波打ち押すと痛い

 

<癌の治療中に巻き爪になる原因>

抗がん剤による皮膚障害によって巻き爪になることがあります。抗がん剤治療をすると、皮膚の基底細胞の細胞分裂や増殖が阻害され、メラノサイト(メラニンを生み出す細胞)が活発になり、爪や皮膚の成長に支障が起こり巻き爪になります。

爪に影響が出やすい抗がん剤は、フルオロウラシル(5-FU)、カペシタビン(ゼローダ)、ドセタキセル(タキソテール)、パクリタキセル(タキソール)、シタラビン(キロサイド)、TS-1、一部の分子標的薬などがあります。

殺細胞性抗がん剤で多くみられる症状は、爪の変形、割れる、剥がれるなどです。分子標的型抗がん剤で多くみられる症状は、爪周囲の炎症、腫れ、痛みなどで、肉芽が形成されることもあります。

<足のむくみ>

むくみが巻き爪の原因となります。特にタキソテールという抗がん薬は、むくみが出やすいと言われています。むくみを防ぐステロイド薬を内服することによって、むくみの発症を先に延ばすことができますが、あまりにも辛いむくみのため、抗がん剤治療を中断してしまう人も多くいる程です。

また、癌を取り除くための手術や、放射線治療が原因で起こる「リンパ浮腫」も巻き爪の原因になるので、癌患者はむくみ対策を積極的に行っていく必要があります。

<爪周囲への菌の侵入>

抗がん剤の影響や運動不足が原因で足が浮腫むと、物理的に爪が皮膚に突き刺さるだけでなく、皮膚が乾燥して傷付きやすくなるため、傷口から菌が入りやすくなります。

菌によって、白癬菌なら爪水虫、黄色ブドウ球菌ならひょう疽になり、抵抗力の弱い癌患者の巻き爪は重症化しやすいと言われています。巻き爪も初期の段階で気付けば簡単な治療で済みますが、痛みを堪えて悪化させてしまうと大変です。

<歩行や運動不足>

抗がん剤治療をすると、運動はもちろん立ったり歩いたりすることが減り、下からの圧力が無くなります。

爪には元々内側に曲がろうとする力があるので下からの圧力が加わらないと爪は丸まります。巻き爪の痛みが出ると、人はより動きたくなくなるので巻き爪は更に悪化していきます。

 

抗がん剤治療中の4つの巻き爪対策とは?

1.指先を冷やす

抗がん剤投与時に冷やすことが最も重要です。むくみを緩和し、しびれ対策にも有効です。

アイスノンにタオルを巻き、100円ショップで売っている銀色の保冷バッグに入れて、足や手を入れます。そのままでは寒くて仕方がないので、電気毛布でお腹や背中を温めると良いです。

2.爪にクリアネイルショットを塗る

1日1回入浴後、甘皮と爪の裏の皮膚に塗るのが効果的です。クリアネイルショットは、医学誌でも紹介された爪のために開発された浸透力特化型ジェルです。

植物由来成分が多く含まれているので、病中病後の方、妊娠授乳中の方なども安心して使えます。価格は1ヶ月3,000円程度なので、巻き爪になって手術するよりは安いです。

<3.爪をヤスリで整える>

抗がん剤治療中は特に爪がもろく割れやすいので、爪切りは使わない方が良いです。

爪を整える時は、入浴後または入浴中の爪が柔らかい時にガラス製の爪ヤスリを使います。ヤスリは一方向に動かし、優しく少しずつ削っていきます。爪は長すぎるのも短すぎるのもいけません。

抗がん剤の副作用で爪が痛くて、どうしてもヤスリが使えない場合は、サクッと切れるニッパー型の爪切りで切るようにします。

<4.足の保湿>

入浴後は皮膚が乾燥しないように、保湿クリームを足全体に塗り込みます。爪と周辺の皮膚を優しくマッサージすると、爪の成長を助け、保湿効果が高まります。薄い綿の靴下を履くと、足や爪を保護して乾燥から防ぎます。

 

病んだ爪にこそ付けたいマニキュアが・・・

抗がん剤の副作用で、爪が黒ずんだり、変形したりすると女性はマニキュアを塗って誤魔化したくなります。

しかし、マニキュアを塗ると、一見爪がキレイに見えて気分は明るくなりますが、配合されている「有機溶剤」等の成分が、抗がん剤治療で弱った爪に更に負担をかけてしまいます。

マニキュアを落とすための除光液も、アセトンが入っていると爪を乾燥させ巻き爪の症状をより悪化させるので、巻き爪の人は特に使用を避けたいところ。

しかし、爪の表面がでこぼこしたり、亀裂が入っていると、服にひっかかったり皮膚に傷を付けてしまうので爪の保護ができるマニキュアは一概に悪い物とは言えません。

一時的な爪割れであれば液体絆創膏を塗るという手もありますが、液体絆創膏は元々皮膚の傷を保護するためのもので継続的に爪を保護することはできません。

私がおすすめしたいのは上羽絵惣の「胡粉ネイル」です。ホタテの貝殻が原料で通気性に優れているので、爪への負担が少なく使えます。アルコールやトルエンやホルムアルデヒドなどの有害成分が入っていない完全無添加なので妊婦さんやお子さんでも使えます。

抗菌作用のある胡粉焼成粉末の水溶液を有機溶剤の代わりに使用しているので爪を衛生的に保つことができます。刺激臭がなく速乾性があり軽い塗り心地なので病気療養中でも気軽に塗ることができます。

落とす時も除光液が不要で、消毒用のアルコールで簡単に落とせます。毎日塗っても爪を傷めることがありません。

 

私が愛用しているのはこの3本

商品名 使った感じ
胡粉ネイル「百華」 ネイルカラーではなくネイルケア美容液で、爪を補強しながら乾燥やダメージから守ります。
胡粉ネイル「金蘭」 光があたると控え目に輝く金色のラメで心が華やぎます。単体でも重ね付けでも使えて一石二鳥。金色を身に付け金運も上がって一石三鳥?
胡粉ネイル「スーパーコート」 ベースにもトップにも使えます。胡粉ネイルの発色を良くして長持ちさせます。艶のない爪や筋の気になる爪をキレイに仕上げます。

私は1(百華)→2(金蘭)→3(スーパーコート)の順番で重ね付けをしています。爪色が悪く、乾燥による縦筋とボコボコ横に波打ち、自分で素足を見るのも嫌でしたが、最近は気にならなくなってきました。

年齢的に、派手な色は付ける勇気がないですが、胡粉ネイルならすぐに落とせるし、巻き爪を改善するための保護材だと思えば、色々な色を試してみたくなります。

アロマオイルを配合したシリーズも販売されているので、良い香りのアロマセラピー効果とカラーセラピー効果で、抗がん剤治療の辛さや巻き爪の痛みからも少しは解放されるかもしれません。

 

抗がん剤で巻き爪になった芸能人

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんも、自身のブログで抗がん剤によって足の親指だけ爪の変色と変形があることを綴っています。

出典:隠し撮りhttp://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12275546847.html

 

胡粉ネイルを付けた写真も公開されています。

出典:ネイルhttp://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12240147694.html

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す