巻き爪の痛みを予防する内側からのケアとは?

巻き爪を内側から予防する方法

痛い巻き爪を予防する内側からのケアは、栄養補給と生活習慣の改善です。

内側からのケアとは巻き爪の原因になる栄養不足、水分不足、ストレス、睡眠不足を改善して身体の内側から爪を健康に育てることです。健康的な爪の成長には外側と内側、両方からケアする必要があります。

 

栄養不足の改善

食生活を改善することが最も重要になります。爪と皮膚と血液にいい栄養をバランスよく摂るのがポイントです。

食事だけでは補いきれない分は栄養補助食品のサプリメント等を使って、調整するのもひとつの方法です。

>>>巻き爪を予防する栄養成分の詳細はコチラ

 

水分不足の改善

健康には「1日1.5リットル」の常温の水が必要と言われています。

皮膚が角質化してできた皮膚の一部である爪は、一見かたいので乾燥していると思われがちですが約10%は水分で出来ています。

水分不足は爪や肌が乾燥し、血流も悪くなり冷え性にも繋がります。爪の乾燥も指先の冷えも巻き爪の改善には必要不可欠なので、身体の内側と外側の両方から積極的に行いましょう。

 >>> 水マニアの記事を見てみる

 

ストレスをためない

爪や皮膚が成長するのにストレスは大きな負担でしかありません。

爪や皮膚の成長を妨げるストレスには、紫外線や外部からの圧迫などによる外的ストレスと、疲労や食生活の偏りなどによる内的ストレスの2種類あります。

どちらのストレスも日常生活で当たり前のように受けるものですが、日々リセットできるようにすると、健康で綺麗な爪を手に入れられます。

 

睡眠不足の解消

睡眠不足は不規則な生活で起こります。睡眠が足りないと成長ホルモンも不足して爪や皮膚のターンオーバーが正常にできません。

規則正しい生活と充分な睡眠をとることで、ホルモンバランスが整い爪も綺麗に成長していきます。睡眠時間はとっていても不規則な生活だと良くないので、できるだけ同じ時間に寝起きして質の良い睡眠を心がけましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す