巻き爪の原因になるかも?爪の色と形で健康チェック!

爪の色と形でわかる巻き爪予備軍と健康状態

巻き爪の原因、爪の色と形

顔色と同じように爪の色で健康状態を知ることができます。

爪の付け根部分は爪母といい毛細血管やリンパ管が集中しています。爪の成長は血液の栄養状態に影響され易く、身体の健康状態が損なわれると皮膚がカサカサになったり髪の毛がパサパサになるように、爪の状態にも影響が出ます。

痛い巻き爪になるのも体調不調のサインという事もあるので、爪の状態をチェックし早めに病気を防ぎましょう。

 

爪の色でわかる体の健康状態

爪の色 症状や隠れている病気
白色 乾燥、栄養不足、貧血、肝硬変、糖尿病、腎障害など
灰色 爪白癬(爪水虫)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、皮膚疾患など
黒色 出血、悪性黒色腫、感染症など
赤色 多血症、赤血球異常、心疾患、腎陰虚(じんいんきょ)など
紫色 貧血、指先の血行不良、心疾患、抹消循環障害など
黄色 黄疸、肝臓や胆のうの疾患など
緑色 緑膿菌による疾患など

爪は色によっても、いろいろな病気が隠れている場合があります。

「これは変だな」と感じたら迷わずに皮膚科を受診しましょう。

 

爪の見た目でわかる体の健康状態

状態 内容
タテ線 主に老化が原因なので心配なし
ヨコ線 栄養不足や外部からの刺激、炎症など
割れやすい 乾燥、貧血、過労、ストレス、飲酒による肝臓へのダメージ
鉢状(ふくらむ)

ヒポクラテス爪、心疾患、呼吸器系の異常、肺や肝臓の病気

ばち状の爪と指先

反り返る スプーンネイル、貧血や甲状腺異常、まれに指先に負担のかかる職業の方にも現れる
白い部分がない タンパク質の低下、消化機能の低下

爪の見た目が明らかに変だと感じる場合にも、大きな病気が隠れている可能性があります。表にあるタテ線意外は、病気の症状として現れることが多いので、自分の体の調子と合わせて病院に行くか判断しましょう。

体の調子は悪くなく、爪の形だけがおかしい場合は、矯正できる可能性があります。

 

巻き爪を自宅で治すならこちら

↓↓↓巻き爪ロボ  

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す