巻き爪はなぜ太る?その原因とおすすめの運動

巻き爪になると太る?その理由

巻き爪でも太らないための運動と注意点

足の巻き爪は、痛くて歩かなくなるのが太る原因です。

そして、体重が増えると足の爪には、さらに負担がかかります。つまり、普通の食生活を送っていても、運動量が減ることが太る原因なんですね。

おそらく、こんなに痛いのに運動なんかできない。というのが本音だと思います。では、巻き爪でもできる運動としないほうがいい運動を見ていきましょう。

 

巻き爪でも痛くない!おすすめの運動一覧

  • 水泳
  • 水中ウォーキング
  • ヨガ
  • 体感トレーニング
  • フラダンス

水泳や水中ウォーキングは全身運動でダイエットにも効果的です。裸足で水の中に入って行う運動は、巻き爪の痛みを感じにくく、爪もふやけて柔らかくなるのでおすすめです。

ヨガ、体感トレーニング、フラダンスは多少、足先への刺激もありますが、巻き爪の対策として、このほどよい刺激が必要です。また、ゆるやかな全身運動は、むくみの解消やストレスの解消にもつながるので良いでしょう。

運動する際の注意点は、極端に足先に負担のかかる体制はとらないことです。また、化膿や炎症を起こしてる時のプールでの運動は、悪化するのでダメです。

 

巻き爪を悪化させるスポーツ

  • ジョギング
  • サッカー
  • バレエ

「つま先に大きな圧力のかかるスポーツ」は巻き爪によくありません。

運動によるつま先への衝撃は、ジョギングで体重の2~3倍以上といわれています。また、サッカーやバレエは足先を使わないとできないスポーツと言えるほど負担がかかります。巻き爪の症状がある場合、控える方がいいでしょう。

 

巻き爪は太る?まとめ

ここまでお話ししてきた通り、巻き爪になったから太るのではなく、痛みによって運動量が減るのが大きな原因です。

そして、怖いのは、太ると巻き爪は痛くなり、痛いから動かない、動かないからさらに太って巻き爪も痛くなる。という負の連鎖です。まず、巻き爪を治すのがダイエットにもつながります。

 

>> 自宅でカンタンに巻き爪を治すならコチラ <<

巻き爪ロボ

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す