乾燥した巻き爪の4つの原因と対策

爪が乾燥する4つの原因

乾燥した巻き爪の原因と対策

  • 加齢
  • 爪疾患(水虫など)
  • 健康状態(ケガなど)
  • 遺伝

爪が乾燥する原因は大きく分けて4つです。ある程度、爪の乾燥を改善することができるので詳しく見ていきましょう。

 

乾燥した巻き爪の対策

爪の乾燥を防ぐには、肌と同じように身体の内側と外側からのケアが必要です。

<内側からのケア>
  • こまめな水分補給
  • バランスの良い食生活

普段からの生活習慣の見直しが必要不可欠です。特に肌の乾燥対策に有効な栄養素とは「セラミド・ビタミン類・βカロテン・脂質・たんぱく質・発汗作用のあるもの」です。

<外側からのケア>
  • 湿度チェック
  • 風呂あがりに保湿

空気中の湿度が30%を切ると肌の水分は蒸発しやすくなります。空気が乾燥しやすい秋から冬の季節にはこまめな室内環境のチェックが必要です。

肌につける保湿効果の高い化粧水やクリームをお風呂上がりにたっぷりつけて眠るのもオススメです。食パンが端っこの耳から乾燥していくように、人間の身体も足の指先が乾燥しやすいものです。

足のかかとがガサガサ白くなっている方や、足のスネが白く粉吹いている方は要注意です。

 

乾燥してない爪が生えるためには

爪の乾燥を防ぐには爪の生まれる爪母といわれる根元の部分に水分が充分満たされているかどうかです。もし水分が足りていないと良い爪は生えてきません。

乾燥して痩せた大地からは良い作物が採れないように、良い爪を生やすには健康な肌作りが重要となります。

 

乾燥した巻き爪を自宅で治したい方におすすめ

↓↓↓

巻き爪ロボ

 

巻き爪にならないための基礎知識

巻き爪の基礎知識

巻き爪にならないための基本は、爪に必要以上の圧力をかけないことです。潤いがあって、柔軟性のある爪は爪が巻いていくのを防ぐことができます。

また、足の指に体重をかけると下からの圧力によって爪は広がるので、普段からあまり歩かない人は適度な運動も必要です。

<痛い巻き爪の原因>
  • 間違った切り方による深爪
  • 足に合わない靴をはく
  • 急な体重増加による指先への無理な圧迫
  • 間違った歩き方による足骨の歪み

巻き爪が想像以上に痛くなる原因は上記のように様々あります。乾燥対策と共にケアを行っていきましょう。

 

乾燥する爪の長さとは?

爪は長いほど乾燥しやすくなります。

爪には指の肉が盛り上がらないようにするストッパーのような役割があるので、普段から深爪をせずに正しい長さを保つことが大切です。

正しい爪の切り方での長さは、白い部分が1mmなので少なくても白い部分が3ミリを超えてきたら確実に乾燥しやすくなってきます。

爪の伸ばし過ぎは、爪が乾燥する原因となるので切り過ぎだけではなく伸ばし過ぎにも注意しましょう。また、正しい爪の切り方を覚えることも大切です。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す