内反小趾で巻き爪が痛い

内反小趾は巻き爪の原因にもなる

内反小趾が原因で巻き爪になることがあります。

理由は、足全体のバランスがくずれた状態で歩くと体重が特定の部分にかかるためです。

この場合、内反小趾と巻き爪の両方で痛みが出るためとても不快です。では、なぜ内反小趾になるのか詳しく見ていきましょう。

 

内反小趾2つの原因

1.<開張足>

足に合わない靴を履き続けることで発症する。特に大きすぎる靴でなりやすい。

内反小趾の原因は足の指のアーチが崩れて一直線になる開張足があります。アーチが崩れると体重が各指にまんべんなく分散されず、どこかの指に集中してしまい骨の形まで変わってしまうことがあります。それが小指に出ると内反小趾となります。

2.<窮屈な靴の形に足の形が合っていった>

パンプスやハイヒールを毎日のように履く女性は窮屈な靴に合わせて足の形が変わっていくので内反小趾・外反母趾になる人が多いです。

人間生まれながらに内反小趾ということは基本ありえないので、原因は100%「足に合っていない靴を履いていたこと」にあります。

ハイヒールなどで長時間指先を締め付けていると神経が圧迫され「痛いという感覚がなくなる」方も少なくありません。また、血流も悪くなるので冷え性になる方も多いです。

できるだけ先の尖った窮屈な靴は避け、毎晩お風呂でマッサージするなどして変形をくい止めるようにしましょう。

 

内反小趾とは

足の小指が親指側に曲がる症状のことです。よく聞く外反母趾は足の親指が小指側に極端に曲がる症状。小指が親指の方に極端に曲がる症状を内反母趾といいます。

内反小趾の治療は病院に通いながら時間がかかるものですが、巻き爪治療は自宅で簡単に始めることができます。

>> 自宅で巻き爪治療するならコチラ <<

巻き爪ロボ

 

巻き爪と内反小趾の改善方法とは?

内反小趾を改善するためには「皮膚の治療」と「歪みに合った治療」が必要になります。

<皮膚の治療>

内反小趾の場合、足の小指の付け根が外側に張り出すので外部からの圧迫を受けやすく、魚の目やタコといった皮膚のトラブルも起こり、皮膚、関節、巻き爪などのあらゆる痛みが伴います。なによりもまず先に皮膚のトラブルを治さないと内反小趾の治療は出来ません。

<歪みの治療>

まずは、歪みの角度の測定が重要です。小指の付け根から内側にどの程度曲がっているかを測ります。

 

<角度による症状>

10度未満 正常
10~20度 軽度
20~30度 中等度
30度以上 重度

症状がひどい方は小指の爪が外側に向いてしまい、薬指に密着し過ぎて指の間が水虫になってしまう方も多いようです。

歪みが軽ければ指の付け根のマッサージや指を回すストレッチで改善されますが、手術しないと改善できないくらいに歪みが重度になってから気付く方も多いようです。

 

内反小趾改善のマッサージ

内反小趾のストレッチ内反小趾に効くマッサージの方法は「あぐらをかく姿勢で小指を元の角度に戻すイメージ」で回していきます。

小指は足の端っこでも力が入りやすいので、くれぐれも力を入れ過ぎないように優しく行いましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す