痛い巻き爪「正しい爪切りの選びかた」

巻き爪を切るのに適した「正しい爪切り」

痛い巻き爪の正しい爪切り

巻き爪に最適な爪切りは、「ニッパー型」です。

巻き爪や陥入爪など爪にトラブルがある場合は、刃先が真っ直ぐでニッパー型の爪切りを選ぶのがおすすめです。

爪を真っ直ぐストレートに切ることができるので痛い巻き爪の正しい切り方「スクエア型カット」がとても簡単に出来ます。プロのネイリスト・医療・介護の現場でも多く使用されています。

 

<ニッパー型爪切りが向いている爪>

  • 巻き爪
  • 割れやすい爪
  • 硬い爪
  • 厚い爪
  • 変形爪
  • 陥入爪

 

ニッパー型の爪切りは断裁する平型爪切りと違い「切れ味がとても良い」です。平型でしか爪を切ったことがない人は本当に驚くレベルです。サクサク切れるのでとても気持ちよく、近頃は愛用者も増えています。

切り方のコツは一度に切ろうとせず少しずつ切るのがポイントです。上手に切れない場合は「目印となる線を書く」か「テープを貼る」などして、その目印に沿って切ると上手くいきます。

爪を切った後はやすりで爪を整えて仕上げましょう。

幸せの爪切り ナナメ刃爪切り

痛い巻き爪-正しい爪切り

<ニッパー型爪切りのおすすめ>

痛い巻き爪-正しい爪切り

<爪切り型のおすすめ>

痛い巻き爪-楽天ボタン

痛い巻き爪-amazonボタン

 

巻き爪に家庭用爪切りは適しません

家庭用爪切り

一般的にはパチンと音がする「平型爪切り」が使用されていると思いますが、このパチンという音は爪を上刃と下刃で切っている音です。

割るように切られた爪の断面は拡大するとギザギザのとげの様になっているので、巻き爪の人は皮膚を傷付ける原因にもなります。

平型爪切りは先がカーブしているものが多く爪が丸く切れてしまい深爪をしやすいので、巻き爪には最も適さない爪切りと言えます。

 

巻き爪予防は爪切り選びから始まる

巻き爪にならないための予防策は、普段から正しく爪を切ることです。

そして、正しく爪を切るためには「使用する爪切り選び」がとても重要になってきます。現在、一般家庭で殆どの家が使っている曲線刃の爪切りでは正しく切れないことはありませんが、結構な労力と時間、集中力が必要です。

しかし、正しい爪切りを選んでおくだけで、いとも簡単に正しい爪の切り方を実践できてしまいます。まさに無駄な時間や労力を省くための投資のようなものです。

しかも大概「いい爪切りは一生ものになる」事が多いので、投資としてみてもかなりメリットのほうが高いと言えます。

正しく爪を切るためには、「正しい爪切りが必要なこと」は案外どこのご家庭も見落としがちな部分です。巻き爪はならないようにするのが重要です。

巻き爪は、30分あれば自宅で矯正できます。

↓↓↓巻き爪ロボ

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す